忍者ブログ
管理人が日々思うことを書いてみる。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、純一がフィリピンに飛んだ。
じいちゃんの家で面倒みてもらうことになる。
悩んで本人が決めた道。
16歳の決断。
何もできないけど、日本で応援してます。

純一は今日まで一ヶ月近く俺ん家にいた。
最初は夜にメシ食いに誘ったら、父親とケンカして、家出されてるって言ってて、可哀相だから一泊泊めてやった。
カネないみたいだけど貸してやらなかった。
朝には仕事行くときには家から出した。

コンビニのトイレで寝たり、段ボールで寝てるの聞いてたから実は心配だった。
雪や爆弾低気圧とかの時は心配で心配で仕方なかった。

我慢できずに何日かしてメールしてみた。
彼はコッペパンで食いつないでいた。
また、メシ食いに行って一泊泊めてやった。

俺は孤独が好きだから、他人がいると落ち着いて眠れない。

だけど、ずっと心配してたから、安否を気にしながら寝るより、隣にいるほうが精神的には楽なことに気がついた。

翌日はやはり家から出して仕事に行った。

彼は何回か父親に謝りに行っている。
だが、彼と父親の関係は修復不能な程悪化していった。
義理の父親であり、元からうまくいっていなかったのもある。
だが、彼は何度も家に行っては義父に頭を下げたようだ。

俺にまたヘルプの電話があった。

郡山まで迎えに行って家に泊める。
カネも貸してやった。
父が勝手に辞めさせた彼の勤め先の給料が入るはずだからそれまでの繋ぎ。

夜は毎日家にいてもいいことにした。
俺の出勤に合わせて家から出す。

毎朝、気持ち良さそうに寝ている。
彼にひと声かけて家から出さずに仕事に行った。


俺は覚悟を固めた。
独り立ちできるまでは面倒見よう。


彼が2日間帰ってこないことがあった。
携帯も止まっていたから心配で心配で仕方がない。
その時はまだ俺ん家の鍵持っていないから、帰ってきても俺がいないと家に入れないから心配だった。

俺に借りたカネを返すあてが無くなり帰りずらかったのもあったらしい。

もはや、そんなことは俺にはどうでもいい事だった。

カネなんかどうでもいいから連絡よこせよって思った

彼は郡山で仕事を探し、面接もした。
親の承諾書が必要だそうだ。
俺にははぐらかしていたけど、もしかしたら承諾書を書いてもらえなかったのかもしれない。

数日後、彼はフィリピン行きを決めた。
母親はフィリピンの人で彼もフィリピン国籍だ
彼は中2の頃に半年間の滞在経験がある。

最後は母親が責任を取った。
さすがは彼が尊敬する母親。
腹を痛めて産んだ母親の愛は偉大だし、彼のアイデンティティーもそこにある。
母親は彼より2日早くフィリピンに飛んで少しの間滞在することになった。
彼はずっとフィリピンに残る予定だ。


俺はフィリピン行きを知った後に彼に言った。
俺は息子と思って責任とる覚悟でいた。親代わりと思ってもらってかまわない。
頼るところは頼れ。
息子が親に隠し事したり、ウソついたり、そんなことは当たり前にあることだ。
俺が面倒見るって決めたのは、仮に殴られようが家のカネ持ち逃げされようが全部赦すって覚悟持ってるってことだから(もちろんそんなことは一切なかったけれど)
仮に日本での居場所とか俺に迷惑かかるとかは心配するな。
仮にあっちでやっていけなくなったらいつでも家に帰ってこい。


もちろん俺は親でもないし、親を越えられるはずもない。
俺も、俺の周りの仲間も彼を本気で心配していることが伝わればそれでよい




それにしても父親の気持ちも少しわかるような気もする。
鑑別所に3回も入るような札付きのヤツで、俺の知らないような人生経験に満ちあふれていて、危なっかしいことこの上ない。
あれだけ問題起こしていたら家に入れたくなくなる気持ちもわかからなくはない。



16歳という感受性の強い時期に、人一倍感受性の強い彼が本当に自分自身の悩みを打ち明けられるのは恐らく自分自身しかいないだろうし、俺達大人の世界なんかゴミで煌めいているだけかもしれない。
見守り応援することしかできない無力感。
俺は彼の本当の気持ちなんか何も理解していないかもしれないという気持ちもある。
だけど、本気で心配してるし、心から応援してる。


最後の夜、車を出して、彼の友達への最後のお別れの挨拶に付き合った。
普段大人びている彼も友達といるとやはり16歳の少年だった。


今日は理由をつけて仕事を休んで駅まで送っていった。
俺達の挨拶はいつも敬礼だ。
今日も握手して敬礼をして別れた。


帰りの車で涙が出た。


この一ヶ月、本当に楽しかった。
毎日笑いあってた。

力不足、経験不足で体調崩して大変だったけど俺に取っても貴重な経験だった。


「養子にしたら?」って冷やかしで言われたことがある。
「人事だと思って勝手な事を」って応えたけどホントは嬉しかった。

だが、そういう事はないだろう。
彼は自分の生まれと祖先を誇りに思ってるから。

いつか彼の暮らすフィリピンに遊びに行ってみたい。
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ まむしドーナツBlog ] All Rights Reserved.
http://mamushi.blog.shinobi.jp/

カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
[09/25 管理人]
[09/25 たいぞう]
[09/02 管理人]
[09/01 たいぞう]
[06/26 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
管理人
性別:
男性
職業:
ガソリンスタンドです
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
ジョグノート
asahi.com
Powered by RSSリスティング