忍者ブログ
管理人が日々思うことを書いてみる。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

沖縄を返せ

【作詞】全司法福岡高裁支部
【作曲】荒木栄
固き土をやぶりて
民族の怒りに燃ゆる島
沖縄よ
我らと我らの祖先が
血と汗をもって
守り育てた 沖縄よ
我らは叫ぶ 沖縄よ
我らのものだ 沖縄は
沖縄を返せ
沖縄を返せ

サイトの方に『沖縄を返せ』のリクエストがあったので、少々思うところを書いておきたい。
この歌は1960年代を通じて、復帰運動、沖縄返還運動の中で歌われたもっともポピュラーな歌だそうだ。
最近では95年から96年にかけて相次いだ米兵による暴行などの事件を契機として、米軍基地に対する反対運動の高まりの中でさかんに歌われた。
この頃、大工哲弘はこの歌を「沖縄を返せ 沖縄に返せ」と歌い始め、反基地運動の中でもこのように歌われるようになった。

U-DOU&PLATY『クユイヌハナシ』の出だしで(元ネタは嘉手苅林昌『時代の流れ』)

唐ぬ世からヤマトぬ世
ヤマトぬ世からアメリカ世
アメリカ世からヤマトぬ世
ちゃしきん変わたるくぬウチナー

と歌われているとおり、ウチナーの歴史はさまざまな国の属国として生きてきた歴史である。日本(ヤマト)による沖縄(ウチナー)の支配の歴史は、沖縄にとって「琉球処分」という言葉にも象徴される日本の国策に振り回された悲劇の歴史という側面は否定できないだろう。
琉球処分とは、「我らと我らの祖先が血と汗を持って」琉球王国を解体し、日本(薩摩藩)に併合したことを指す。

それらをふまえて『沖縄を返せ』の歌詞を見ると、ある種の違和感とおぞましさを感じずにはいられない。
本土の沖縄返還運動の中軸はいわゆる左翼と呼ばれる諸々の党派と労働組合であったはずだが、『沖縄を返せ』の歌詞で感じずにはいられない偏狭なナショナリズムは当時の運動の限界だったのだろうし、それは今でも、本土の体制内労働運動の中に色濃く残っているのではなかろうか。
二番の歌詞で「沖縄」を「朝鮮」に、三番を「満州」に置き換えて歌っても全く違和感なく大東亜共栄圏の国威発揚ソングになるといったら言い過ぎだろうか。

にもかかわらず、この歌は「沖縄に返せ」と歌うことで沖縄の心が入り、反基地運動のシンボルとして甦った。
沖縄は日本に「返還」されたが、ウチナーにとって問題は全く解決されていない。
再び『クユイヌハナシ』から引用するならば、「この島は矛盾が多」く「基地があり続け」、「大国の戦略に組み込まれ」、「日本に復帰したというけれど」「これはどこの国の話だろう」という具合だ。
だからわれわれは、われわれ(ヤマトもウチナーも)の手で沖縄を取り返さなければならない。「美しい国」ではなしに「美ら島」として奪還されなければならないのである。そして、この歌はそのシンボルとして息を吹き返したのだ。

話は変わるが、沖縄インディーズはユープラに限らず、基地や戦争と平和の問題を当たり前に歌い、そしてそれが成功している。カクマクとかかりゆし58とかSOUTHとか満福とか他にもいろいろ。これは、本土ではなかなかそうはならない。
これは問題意識がどうとか社会的関心がという前に、彼らにとってこれが日常なのだからだと思う。目の前に基地があって、沖縄戦の傷をかかえている現実がある。恋愛を歌うのと同様に、目の前にあたりまえにある題材なのだ。
俺はそんな歌を「等身大の反戦歌」と呼んでいるが、下手な社会派ソングよりも説得力があると思う。

PR
僕が小学生の頃の理科の教科書と、今の理科の教科書では書かれている内容が大きく違ったりする場合がある。
何年か前に、遺跡の発掘をねつ造しまくっていた人がいたけど、旧石器時代に関する教科書の記述が書き換えられて、ねつ造とばれたら、また教科書が昔の記述に戻るわけだ。

何が言いたかったかというと、昨日の教科書検定に関するニュース。
沖縄タイムスにリンクしています。
文科省「断定できず」/専門家「加害責任薄める」

特に社会科なんかでは顕著だけど、その時の国の目指している方向が教科書からは読み取れる。
「美しい国」というものがどういうものかよくわかるワケです。
よその国の「核疑惑」とやらは、口を極めて罵り、自分の国に関しては臨界事故であろうが隠蔽しまくり。
アメリカから核に関する事前協議の申し入れがない限り、調べなくても核は持ち込まれていないとするような「美しい国、ニッポン」としては、社会科教科書みたいに露骨なことばっかりやらないで、理科の教科書でも「美しい国」を主張してもらいたいんです。

ネットで書いてあったことなんだけどおもしろいんで・・・

現在の理科教科書は愛国心を育成することのできない自虐的教科書である。よって、以下のような改善を申告する。 
  • 科学は社会的に構築されること、日本独自の科学の必要性をはっきりと言う。
  • 物質だけを取り上げるのは唯物史観(共産主義)であることをはっきりと言う。
  • 唯物史観に対抗するために神の実在性、魂の存在をはっきりと言う。
  • ダーウィン進化論は神話否定のプロパガンダであることを示す。
  • ダーウィン進化論は扱わず、それを凌駕する今西進化論を取り上げる。
  • 西欧人ボーアの原子模型ではなく日本人長岡半太郎の原子模型を取り上げる。
  • 数学では和算を全面的に扱い、微分のようなペテンは削除する。
  • 世界の5大科学者に日本人中松義郎(ドクター中松)が選ばれたことを取り上げる。
  • 新科目「情報」ではコンピュータの発明者が中松義郎であることを明記する。


    今回は全部皮肉ですから誤解しないようお願いします。
  • みなさん、メガマックはもう食べましたか?
    あの、肉のパテが4枚入ってるってやつです。
    一回食べたけど、バランス悪すぎでした。肉が多すぎて飽きるし、どっから食えばいいの? って感じでしたよ。
    アレ、期間限定だったみたいで3月4日に終わってしまったんですね。

    メガマックがあるなら、メガフィレオフィッシュとかもありなんじゃね?
    とか、思って自作したらおもしろいかなって考えたら、実はあるんですね。

    大好評「メガマック」に兄弟、「メガフィレオ」など3種類を限定販売中。

    ↑東京の一部店舗で試験販売してるそうです。(もう終わったみたいだけど)
    でも、コレ2枚重ねだからダブルバーガーと変わりないですよね。
    メガフィレオっつーよりダブルフィレオだろ!
    「メガ」って言うからには4枚重ねでやって欲しかった。
    試作してみっかな(笑)
    給食費未納が問題になってるけど、
    うちの中学は、給食費は引き落とし制、給食自体は予約制で、前月の引落しが出来ないと、予約が出来ません。
    というのを発見。これだったら給食費未納問題は解決するよな。

    義務教育だから税金でまかなえとか言ってるらしいけど、税金はそもそも俺たちが負担してるんだから、それだったら納税者全員が希望すれば給食を食べられるようにすればいい。

    俺も給食食べたい……

    考えてみればあんな贅沢な料理ないですよ。
    安心、安全な食材を使って、バランス、カロリーも計算し尽くされて、
    しかも、基本は手作り。

    うん。税金で給食はいいアイデアだ。

    Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
    Copyright © [ まむしドーナツBlog ] All Rights Reserved.
    http://mamushi.blog.shinobi.jp/

    カレンダー
    11 2017/12 01
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    最新記事
    最新コメント
    [09/25 管理人]
    [09/25 たいぞう]
    [09/02 管理人]
    [09/01 たいぞう]
    [06/26 管理人]
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    管理人
    性別:
    男性
    職業:
    ガソリンスタンドです
    忍者ブログ | [PR]
    ブログ内検索
    ジョグノート
    asahi.com
    Powered by RSSリスティング